ライン


Q:貸し道具は本当に全て無料で貸してくれるの?
A:竿・リール(電動)・ビシ(天秤付)ロッドキーパー等全て無料でお貸し致します。
 
※当店はあえて走水沖の潮流の速いポイントを狙って出船しますので、他店より重いビシ(180号+追加錘)を使用しています。したがって、それに耐えうる道具を当店側でご用意させて頂いております

Q:釣行時に持っていくものは?
A:初めて当店をご利用される方は、クーラーBOX・雨具・滑りにくい履物(長靴等)・お弁当・飲み物などご自分の身の廻りの必要な物をご用意ください。
 
※夏季におけるビーチサンダルでのご乗船は大変危険ですのでご遠慮下さい。

Q:特大アジって何ですか?

A:走水沖水深40m〜80mで釣れる体長45cm以上または重さが1Kg以上の居着きのアジの事です。
*初めに特大アジという名称を使用したのは当店で


Q:釣れる時期は何時ごろですか?

A:周年のメインターゲットとしていますが、例年、春から初夏にかけては最大45cm級 を主体に数釣りが狙える時期です。特大アジ釣り入門に適しているでしょう。
盛夏は、水温が高すぎて特大アジの数は望めませんが、30cm〜40cm級が数釣れる時期です。
秋頃から初冬にかけては特大アジのベストシーズンです。例年、50cm以上の大型や1Kgを越すアジが釣れるのもこの時期になります。


Q:狙い目の潮まわりは?

A:水温の暖かい初夏〜秋頃は中潮の終わりから、小潮の初め頃が比較的特大アジが上がっています。
 水温の低い初冬〜3月にかけては、大潮の終わりから、中潮の初めが狙いでしょう。
 春先にかけては干満差が大きいので、若潮や長潮に思わぬ良い釣果を出した事もあります。
 あくまで自然相手ですので、最新の釣果をご確認下さい

Q:釣り方は?
A:ビシ仕掛けでのアジ釣りになりますが、一般的なアジ釣りと違うのは、東京湾でも一番潮の流れの速い釣り場を錨を入れて、かかり釣りするため、潮の流れ受けやすく、撒き餌を撒きすぎない、タナが数10pずれると釣れない、付け餌のつけ方を工夫するなどのテクニックが要求される釣り方になります。初めての方は船長に一声かけて下さい。
Q:松栄丸のこだわりって何ですか?
A::当店は走水で一番初めにビシアジ釣りを始めた釣り宿です。創業以来走水沖の特大アジを試行錯誤し遊魚の釣りものとして定着させてきました。それでは、松栄丸のこだわりを紹介させて頂きます。
1:撒餌にこだわる。
一般的に撒餌に使用されるイワシのミンチは真イワシですが、当店では脂の少ないセグロイワシをミンチとして使用しています。また、速い潮の時でも長時間水中で漂うよう工夫をしています。

2:付け餌にこだわる
当店では付け餌の赤タンは長いままお配りします。当日の釣れ方で様々にカットして下さい。通常長さ1cm〜1,5cmで薄くカットます。

                                    
3:道具にこだわる

アンドンビシ
今やアジ釣りビシとしてポピュラーな横目ビシは乗合船担当の船長が発案者で某メーカに作成を依頼したものです。
当店では潮流の速いポイントを狙うため、通常180号の重さのビシに、状況によってさらに、80〜100号の追加重りを使用します。オマツリ防止のため、出来る限り当店の貸しビシをご利用下さい。

竿
当店で使用している貸し竿は、流れの速い潮流・重いビシ(通常180号+80〜100号の追加重り)というハードな走水沖の特大アジ釣りを可能にした特製の手作り竿を使用しています。初めての方は是非ご利用下さい。(無料

トップ アイコン
トップ

ライン